株式会社デジタル・フロンティア-Digital Frontier

Header

Main

  • TOP
  • DF TALK
  • テクニカルディレクターというお仕事

テクニカルディレクターというお仕事

2011/7/25

Tag: ,

みなさん、こんにちは。
前回のポストから早いものでもう半年が経過しました。
こんなスピードで毎日が過ぎていったらすぐにお爺ちゃんになってしまいそうです(笑
一度しかない人生後悔しないようにしたいですね。
この半年間で、DFではフルCG映画 『鉄拳 Blood Vengeanse』 の締め切りがあり、大変な忙しさでした(汗

何回やってもフルCG映画を作るのは大変ですね ^^;
ですが、見る人の心を感動させられる作品はそう簡単に作れる物ではありませんので、我々も妥協せずに精一杯頑張りました。

自信を持ってお薦め出来る作品に仕上がっておりますので、是非劇場に足を運んでもらえたらと思います。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

さて、このDF_TALKを始めてからというもの、弊社人事担当が色んな教育機関等で弊社のご説明をさせて頂く際に
このブログを読んでくれている特にプログラム系が得意な学生さん達から非常に大きな反響を頂いていると聞いております。
我々もブログを書いていてとても励みになります。今後ともよろしくお願いします。
そこで、今回は、前述の人事担当から聞いた話として「開発職やTDを目指している学生のみなさんから、よく質問される事について」
お話させて頂ければと思います。少しでも就職活動のお役に立てば幸いです。

まず、弊社のテクニカル部門の組織編成をご紹介します。
弊社は6名の開発室スタッフと5名のTDでMaya、XSI、AfterEffectsなどに関する現場のサポートを行っております。
開発室のスタッフはC++を用いて高度なツール開発をしている傍らで人手が足りない時はTDのサポートをしてもらっています。
TDはプロジェクトにガッツリと帯同して現場にすぐ必要なツールをなるべく迅速に作りプロジェクトに貢献すべく日夜努力しております。
TDとは一言で言ってもやる事は多種多様です。
といいつつも私はDF以外でTD(最近はTAって言ったりもする?)と呼ばれる人と接した機会があまりありませんので
本音を言うとTDとは何ぞやというものはよく分かりません(苦笑
まさに本能の赴くままに、今すべきこと、今自分にしか出来ない事を探しながら微力ながら奮闘させてもらっています。

そんな中で、自分がいつも目指している事は、「自分が作業効率の高め方、無駄の減らし方を見つけてあげられれば、アーティストはもっとクオリティを高める事に集中出来る」という事です。
また、人の手では到底終わりそうにない膨大な処理をスクリプトで助けてあげる事でスケジュールを大幅に短縮する事が出来ます。
そんな不可能を可能に出来るかも知れない所に非常にやりがいを感じています。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

そんな私も入社した当初はプログラムのプの字も知らない一デザイナーでした。
ですが、タイトスケジュールの中で少しでも自分の仕事を早く終わらせよう、もっと楽しようとスクリプトの勉強を始めてから自分の目指すべき方向がはっきりと決まりました。
もし、プログラムの知識が今は全くないと嘆いている方がいましたら、今からでも全然間に合いますよと言ってあげたいです(笑

さて、ちょっと長くなってしまいましたが、ここからは実際に過去に学生さんから質問された内容に関してQ&A形式で答えていこうと思います。

Q.TDを目指しているのですが、どのようなポートフォリオを作ったら良いのでしょうか?
A.どんなものでも構いません。お好きなものをお作りください。
弊社のデザイナーの募集要項ではムービー作品を伴った作品集の提出が必須となっております。ですが、TD職を目指す方であれば、そのような形式にとらわれず自由な作品を提出して頂いて構いません。
ですが、私たちが求めているTD像とは、アイデアに優れ、サービス精神旺盛で、臨機応変に課題に対処出来る応用力を持った方です。
そういう意味では、デザイナーに求める個性以上のオリジナリティを作品集に込めて頂けると嬉しいです。
自分の書いたコードを長々と書き連ねてなんとなくすごいんだなって思わせる必要はありません。大事なのは、目的、なぜそういうスクリプト(ツール)が必要だと思ったか、それを達成する為にどういう思考を働かせたかなどなど。

Q.TDに求められるスキルは?

A.素早い判断力と難題をスムーズに解決できるアイデア、多少のプログラミング知識、高いコミュニケーション能力。

Q.今はMELしか書けないんだけどPythonが書けないとダメですか?

A.ダメではないですが、書けた方が断然良いです。出来る事が何倍も広がります。

Q.TDという仕事の魅力はなんですか?

A.プロジェクトの縁の下の力持ち。アーティストがクリエイティブな所に集中出来るように、無駄で退屈な作業を取り払ったり、プロジェクトを円滑に動かすとてもやりがいのある仕事です。

Q.持っていると有利なスキルってありますか?

A.

・体力に自信のある方。

・好奇心旺盛でチャレンジ精神が多い方

・リアルタイムエンジンや、Kinect等の新しいデバイスに興味があり積極的に新しい情報を取り入れる能力に長けた方。

DFの特色として、やりたい事があったら自分から手を挙げれば勤続年数などは関係なくやらせてもらえる事が多いです。
例えば、Kinectを使って新しいキャプチャシステムを考案したいと自分が志願したとして、それが会社にも有益であると判断されれば直ぐにでも社をあげて応援してくれたりします。
新しい事へ挑戦したい人にとってはとても発言しやすい環境だと思います。

長々と書いてしまいましたが、もしも私達と一緒にDFで作品づくりをしてみたいという方がいらっしゃいましたら是非ご応募ください。募集要項はこちらに詳しく載っておりますのでご参考ください。もちろんデザイナー志望の方も大募集中です。
学生さん向けへのポストになってしまいましたが、もちろん経験者さんも大歓迎です。

ぜひ一緒に世界に向けて素晴らしい作品を発信していきましょう。
ご応募お待ちしております。

Pocket

コメント

コメントはありません

コメントフォーム

コメントは承認制ですので、即時に反映されません。ご了承ください。

*