株式会社デジタル・フロンティア-Digital Frontier

Header

Main

  • TOP
  • DF TALK
  • 祝PySide2デビュー! ~ただひたすらウィジェットを紹介するページ~

祝PySide2デビュー! ~ただひたすらウィジェットを紹介するページ~

2016/10/17

Tag: ,,,

みなさんお久しぶりです。TDの小野[@jimie930]です。
先日Mayaもバージョン2017が発表され、様々な新機能が搭載されましたね。そんな中、今回私が注目するのはPySideでございます。な、な、なんと、Maya2017からPySideがPySide2になりました。ワーイ、ワーイ。

って、あまり喜ばれている方の話は私の耳に入ってきてないです。耳が遠いもので。
どちらかと言うと、今までPySideでツール作りをしていた方の、「今までのツール使えるのかなぁ~」という声。
PySideとPySide2では、大きく何が変わったのでしょうか?

今までQtGuiに入っていたウィジェット群が、別のQWidgetsというモジュールに出されたことが一番大きいと思います。
なんでこんなことしたんだ…。
とにかく対応が必要そうですね。

PySide2を動かしてみよう

早速ですが今回はMaya2017でも、それ以前のバージョンでも動くサンプルツールを作ってみました!

いまのところPySide2のクラスリファレンスなどのドキュメントはなさそうなので、Qt 5.x系のドキュメントを参考にしてください。

df_talk_pyside2_ui

このツール、ダウンロードもできるようにしておきますので、ダウンロードされた方はソースコードまでじっくり見てやってください。

さてさて、先程も述べましたが、ウィジェットのクラス群が入っているモジュールが違うので、2017以前のMayaとMaya2017のどちらでも動くUIを作るためには、インポートを変えなければなりませんね。みなさんいろいろ試行錯誤されてるようですが、私自身はこんな感じでいけるのかなぁと思っています。

import imp
try:
    imp.find_module('PySide2')
    from PySide2.QtWidgets import *
    from PySide2.QtGui import *
    from PySide2.QtCore import *

except ImportError:
    from PySide.QtGui import *
    from PySide.QtCore import *

Qtのクラスたちの名前は一意になっているので、この読み方でとりあえずは大丈夫なはず。。。読みたいクラスが明確なのであれば、importの後のアスタリスク部分はそれらのクラスを列挙するのがいいでしょう。また、QtCoreに関しては同じなので、

from PySide2 import QtCore

でも構いません。

QWidgets

QWidgetsというモジュールに今回移ったウィジェットたち。どんなものがあるのでしょうか。
今日は「PySide2使ってツール作りました」だけでは面白く無いんで、ついでにいろんなウィジェットを配置しつつ、それらのウィジェットの特徴とちょっとしたTipsなんかを紹介できればと思います。
今まで意外とこういう記事なかったですよね。PySideってなに?って方も、この記事を読んで我々TDがどうやってMayaのUIを作っているのか知っていただければと思います。(ダイアログも下の方でついでに紹介しています。というかダイアログもウィジェットの一部です。)

df_talk_pyside2_ui

QLabel QLabel for image QTextEdit QLineEdit QComboBox QSpinBox QCheckBox QRadioButton QCalendarWidget QLCDNumber QSlider QDial QListWidget QTableWidget QTreeWidget QPushButton QDockWidget


こんな感じに標準で用意されているウィジェットをいろいろ並べてみました。(意外と見た目、かっこよくなった♪)
種類、こんなにあるんですね。

上の画像で各機能がなんのウィジェットで作られているか、画像上で気になるところクリックしてみてください。そのウィジェットについての紹介部分へジャンプします。

QLabel

単純なテキストを表示したい場合はこのウィジェットを使います。

qlabel_widget

ただこのウィジェットが意外と優秀で、テキスト以外に、画像や動画を表示する場合にも使います。
UIで表示しているDFのロゴ画像もこのQLabelを使っています。

# 画像を表示
imageWidget = QLabel()
imageWidget.setPixmap(QPixmap("画像パス"))

↑ウィジェット目次

QLineEdit

単純な文字列の入力ができるウィジェットです。ユーザーから文字を入力して欲しい時などに使用します。

QLineEdit

setInputMask関数を使うと、入力できる文字列の制限ができます。
例えば以下のようなマスクをかけた場合、9の部分に0~9の数字のみを入力することができます。

lineEdit = QLineEdit()
lineEdit.setInputMask("s9999_9999")
lineEdit.show()

もっと細かい制限をしたい場合はsetValidator関数を使って、指定した正規表現などにマッチするかどうかで制限させることもできます。
正規表現についてはこちらの記事をご参考に→【Python】正規表現を使った快適コーディングのすゝめ ~はじめの一歩から三歩ぐらいまで~(宣伝ですw)
下のサンプルコードは数字三桁のバージョン名のみを入力させることができるウィジェットです。

lineEdit = QLineEdit()
# 正規表現のマッチングクラスをValidatorとしてセット
lineEdit.setValidator(QRegExpValidator(QRegExp("^v\d{3}$")))

↑ウィジェット目次

QTextEdit

このウィジェットは複数行に渡るテキストの表示や入力に便利です。
弊社ではパブリッシュの際のコメント入力や、データの情報表示に使っています。

QTextEdit

setReadOnly関数を使うと、編集できなくなるので、表示だけでいい場合はReadOnlyを有効にします。
また、HTMLを読み取って表示してくれるので、簡単に文字の色やスタイルを変更できます。
HTMLでセットされている文字列を単純な文字列で取得する場合にはtoPlainText関数を使います。

textArea = QTextEdit()
# テキストを複数行でセットする場合
textArea.setPlainText("Text are\ncan be set\nmultiple lines and HTML.")
# HTMLをセットする場合
textArea.setHtml("<h1><font color='#ff0000'>abcd</color></h1>")
# 文字列で取得
text = textArea.toPlainText()

↑ウィジェット目次

QComboBox

いくつかの値から一つをユーザーに選択させたいような場合に使用します。
setEditableをオンにすると、文字列補完で、値を選択できるようになります。

normal QComboBox items

通常のQComboBoxの選択

Editable QComboBox

テキスト入力でアイテムを補完




大量のShot名から一つを選ばせたい場合、ズラッと並んだ中から探すのは大変ですよね。そのような場合は、このテキスト入力をオンにして、ユーザーがフィルタリングできるようにすると選択しやすくなります。

comboBox = QComboBox()
comboBox.addItems(["This", "is", "combobox", "it's", "useful"])
# テキスト入力ON
comboBox.setEditable(True)
# NoInsertにすると、テキスト入力でユーザーが間違った値を入れてもアイテムとしてComboBoxに登録されません。
comboBox.setInsertPolicy(QComboBox.NoInsert)
# 入力補完時に候補リストを出す場合、Completerをセットしてやります。
comboBox.completer().setCompletionMode(QCompleter.PopupCompletion)

↑ウィジェット目次

QSpinBox

このウィジェットは数値の入力を補助するためのものです。カチカチと横の矢印を押すことで数値の増減ができます。

qspinbox_widget

QLineEditのように数字を直接入力することもできます。QLineEditinputMaskのように数値のみの入力に制限できるので、誤入力を防ぐ効果もあります。
下の例では、接尾辞“min”を指定して、ユーザーになんの値を入れているのか意識しやすくしています。

spinBox = QSpinBox()
spinBox.setMinimum(0)
spinBox.setMaximum(10)
# 接尾辞を設定
spinBox.setSuffix("min")

↑ウィジェット目次

QCheckBox

オン、オフの値が欲しい場合に有効なウィジェットです。

QCheckBox

checkStatesetCheckState関数が用意されていますが、QCheckBoxの親クラスであるQAbstractButtonsetCheckedisChecked関数の方がBOOL型で設定できるので、私自身は後者でコントロールすることが多いです。

checkBox = QCheckBox("Check box")
checkBox.setChecked(True)
checked = checkBox.isChecked()

↑ウィジェット目次

QRadioButton

複数の選択肢から一つを選ばせる場合に使用するウィジェットです。

QRadioButton

ラジオボタンを複数作り、それらをグループ化することで、「一つをチェックすれば、他のボタンのチェックが外れる」といった挙動を自動で行ってくれます。
これらのボタンが同じグループかどうかは、親のウィジェット(radioButton.parent()で取得できるウィジェット)が共通であるかどうかで判断されます。
複数のグループをUI内で持ちたい場合は、それらを別ウィジェットの子供として追加していかなければなりません。PySideはこのグループ化のために、UIの表示に影響を及ぼさないQButtonGroupというウィジェットを用意しています。QButtonGroupへの追加例は以下を参考にしてください。

# まずはグループを作成
radioGroup = QButtonGroup()
# ラジオボタンを作成して、グループに追加
radioBtn1 = QRadioButton("Option 1")
radioGroup.addButton(radioBtn1)

radioBtn2 = QRadioButton("Option 2")
radioGroup.addButton(radioBtn2)

radioBtn3 = QRadioButton("Option 3")
radioGroup.addButton(radioBtn3)

radioBtn1.setChecked(True)

↑ウィジェット目次

QCalendarWidget

日付を選択するのに有効なウィジェットです。スケジュール管理ツールなんかにあると便利ですね。
Tipsは特にないですw

calendar_widget

calendar = QCalendarWidget()
calendar.setFirstDayOfWeek(Qt.Monday)
calendar.setVerticalHeaderFormat(QCalendarWidget.NoVerticalHeader)
calendar.setSelectedDate(QDate(2016, 10, 17))

↑ウィジェット目次

QLCDNumber

カウントダウンを表示してユーザーを焦らせるときに便利なウィジェットですw あ、私はそんな用途で使ったことないですよ。
とにかく数字を強調して、認識して欲しい時に使うと有効的です。ちょっとおもしろいので載せてみました。
数字の他に、2進数や16進数を表示することもできます。これらの使い道はよくわかりません。

LCDNumber Widget

lcdNumber = QLCDNumber()
lcdNumber.display(1234)

↑ウィジェット目次

QSlider

連続的な数値入力によるインタラクションを実装するのに便利なウィジェットです。例としては、スライダーを動かして、Mayaオブジェクトのスケールを変えるなどでしょうか。スライダーを動かしている間中、シグナルを発信させることができるので、それを受け取って、何かアクションを連続的に起こすことができます。

QSlider

setRange関数で、数値の範囲を指定できます。
また、ステップを指定することでキーボード操作時に、いくつづつ数値が増減するかを指定できます。setPageStepはキーボードの”PageUp”、”PageDown”が押された時のステップ値の設定で、setSingleStepはキーボードの矢印キーで操作された時のステップ値の設定です。
setTickPosition関数を使うと、目盛りの表示場所を指定できます。そして、setTickInterval関数で、その目盛りの間隔を指定します。(Mayaでは目盛りのスタイルが設定されていないのか、setTickPositionで目盛りの表示はできませんでした。)

slider = QSlider(Qt.Horizontal) # Qt.Horizontalで横向きのスライダーにしています
slider.setRange(0, 100)
slider.setTickPosition(QSlider.TicksBothSides)
slider.setSingleStep(5)
slider.setPageStep(10)
slider.setTickInterval(10)

↑ウィジェット目次

QDial

このウィジェットも連続的な数値変化を扱いたい時に使用します。QSliderとはスタイルが違う程度です。ステップの指定の方法も同じです。ただし、目盛りに関する名前が、Notchになっていることに注意してください。目盛りのサイズを変えたい場合はintervalではなく、notchTargetで設定します。(ちなみにMayaでもNotchは表示されました。)

QDial

dial = QDial()
dial.setRange(0, 100)
dial.setSingleStep(5)
dial.setPageStep(10)
dial.setNotchesVisible(True)
dial.setWrapping(True)
dial.setNotchTarget(5)

↑ウィジェット目次

QListWidget

データの表示によく使うウィジェットの一つです。文字列のリストを表示できます。

QListWidget

QListWidgetの中の各アイテムはQListWidgetItemクラスが用いられていますが、下の例のように、文字列での追加もできるので、お手軽に使えるウィジェットです。
文字列を編集可能にしたり、ドラッグ&ドロップできるようにしたりできます。

listWidget = QListWidget()
listWidget.addItems(["this", "is", "list", "widget"])

↑ウィジェット目次

QTableWidget

このウィジェットもデータの表示に適しています。

QTableWidget

データベースを使ったデータ管理をしていると、二次元データをデータベースから取得してツールで表示することが多いので、このウィジェットをよく使います。ただし、設定がいろいろあって、使いこなすのはなかなか難しいです。
QListWidgetと違って、文字列だけでアイテムを追加することはできません。各セルのアイテムを表現するためにQTableWidgetItemクラスが用いられているので、まずはQTableWidgetItemに文字列を指定してインスタンス化し、行番号と列番号を指定して、テーブルにセットします。
また、データをセットする前にsetColumnCount関数とsetRowCount関数を使用して、テーブルにデータをセットする枠を設けておかないといけません。自動でcolmunCountrowCountを増加してくれる仕様ではないので、テーブルが3行3列に設定されている場合、1行目の4列目にデータを追加することはできません。
簡単なテーブル作成サンプルを書いたので、参考にしてみてください。

tableWidget = QTableWidget()
headerLabels = ["Name", "Age", "Sex"]
# columnCountをまずは設定してしまいます。
tableWidget.setColumnCount(len(headerLabels))
tableWidget.setHorizontalHeaderLabels(headerLabels)
# 各行にヘッダーはいらない場合は、このようにヘッダーを消せます。
tableWidget.verticalHeader().setVisible(False)
dataList = [
    ["Taro",    "25", "Male"],
    ["Hanako",  "30", "Female"],
    ["Ichiro",  "50", "Male"],
    ["Jiro",    "40", "Male"]
]
# 入力データの数が決まったのでrowCountも設定します。
tableWidget.setRowCount(len(dataList))
# forでまわして各セルにアイテムをセットします。
for row, colData in enumerate(dataList):
    for col, value in enumerate(colData):
        # QTableWidgetItemをまずは作成して追加
        item = QTableWidgetItem(value)
        tableWidget.setItem(row, col, item)

↑ウィジェット目次

QTreeWidget

階層構造を持ったデータや、グループ化できるデータを表示するのに有効なウィジェットです。

QTreeWidget

QTableWidgetでは各セルがアイテムになっていましたが、このウィジェットでは各行がQTreeWidgetItemというアイテムになります。そしてデータの階層構造はこのQTreeWidgetItemの親子付けで表現されます。
こちらも簡単なサンプルコードを書いてみました。

treeWidget = QTreeWidget()
headerLabels = ["Name", "Age"]
treeWidget.setColumnCount(len(headerLabels))
treeWidget.setHeaderLabels(headerLabels)
treeData = {
    "Male":[
        {"name":"Taro", "age":"25"},
        {"name":"Ichiro", "age":"50"},
        {"name":"Jiro", "age":"40"}
    ],
    "Female":[
        {"name":"Hanako", "age":"30"}
    ]
}
for sex, profiles in treeData.iteritems():
    topItem = QTreeWidgetItem([sex])
    treeWidget.addTopLevelItem(topItem)
    for profile in profiles:
        # 第一引数に親になるアイテムを指定すると親子付けできます。
        # 各カラムへの文字列の追加はリストでできます。
        childItem = QTreeWidgetItem(topItem, [profile.get("name"), profile.get("age")])

↑ウィジェット目次

QPushButton

単純なボタンを表現するウィジェットです。使い方もテキストを指定するだけで簡単です。

QPushButton

サンプルのプログラムではこれらのボタンを押すといろんなダイアログが出るように作りました。ポチポチ押してみてください。
ダイアログについてもこの後いろいろ紹介します。
↑ウィジェット目次

QDockWidget

MayaのAttributeEditorのようなメインウィンドウにドッキングしたり、分離したりすることのできるウィジェットです。
これができるだけで、すごいツールのように思われますが、実装自体はそんなに難しくないです。
setAllowedAreas関数でメインウィンドウのどこにドッキングできるかを設定できます。
あとはQMainWindowクラスにaddDockWidget関数があるので、それを用いてウィジェットをドッキングします。
また、デフォルトではQDockWidgetにクローズボタンがついており、押されるとそのウィジェットが消えてしまうので、注意が必要です。実際は削除されているわけではなく、visibilityがオフになっているだけなので、何かしらshowするアクションを作っておくか、QDockWidget.DockWidgetClosableフラグをsetFeatures関数で外すように設定する必要があります。

QDockWidget

dockWidget = QDockWidget("Dock Window", mainwindow)
# Dockの中身を別ウィジェットで作成
dockWrapper = QWidget()
dockWidget.setWidget(dockWrapper)
dockLayout = QVBoxLayout()
dockWrapper.setLayout(dockLayout)
dockDescription = QLabel("This is dock widget contents.")
dockLayout.addWidget(dockDescription)
dockButton = QPushButton("OK")
dockLayout.addWidget(dockButton)
# どこにドッキングできるかを指定
dockWidget.setAllowedAreas(Qt.RightDockWidgetArea | Qt.BottomDockWidgetArea)
# メインウィンドウにドッキング
mainwindow.addDockWidget(Qt.BottomDockWidgetArea, dockWidget)

↑ウィジェット目次

Dialogの紹介

ここからはユーザーとのインタラクションをサポートするのに欠かせない、ダイアログたちの紹介です。QDlaogクラスを派生させた様々なダイアログが準備されています。


QMessageBox

こちらは単純なメッセージを表示するのに有効なダイアログです。

QMessageDialog

メインとなるテキストやサブテキスト、様々なボタンの追加といった細かな設定もできますが、下記のようなスタティック関数が用意されているので、それらを用いることで、簡単にダイアログを作成できます。これらの関数は表示したいメッセージの内容によって使い分けます。

  • QMessageBox.information : 何か情報を表示したい場合
  • QMessageBox.question : ユーザーに選択させたいアクションがある場合(Publish時の確認など)
  • QMessageBox.warning : ワーニングメッセージを表示したい場合
  • QMessageBox.critical : クリティカルエラーを表示したい場合

response = QMessageBox().information(None, "Info Message", "This is normal information message.")
response = QMessageBox().question(None, "Question Message", "This is normal question. OK?")
response = QMessageBox().critical(None, "Critical Error", "This is critical error message.")

細かな設定をする場合は、下のサンプルのようにQMessageBoxクラスをインスタンス化してから、テキストなどを設定していきます。テキストはリッチテキストを受け付けてくれるので、文字の色を変えたり、太字にしたりということも、ある程度は行えます。
最後にexec_関数を実行すると、ダイアログが表示されます。
クリックされたボタンをexec_が終わった後に取得することで、何が押されたかを判断します。

QMessageBox customized

msgBox = QMessageBox()
msgBox.setWindowTitle("DF Talk Info")
# リッチテキストをセット
msgBox.setText(r'<b>Do you like DF Talk?</b>')
# リッチテキストを使用していることを教えてやります
msgBox.setTextFormat(Qt.RichText)
# 補助的なテキストを追加
msgBox.setInformativeText("This is important question for us.")
# 詳細を表示するためのボタンができて、押すとテキストエリアが開いて表示されます
msgBox.setDetailedText("We are really looking forward to hearing from you.")
yesButton = msgBox.addButton(QMessageBox.Yes)
noButton = msgBox.addButton(QMessageBox.No)
msgBox.exec_()
# 押されたボタンを取得
clickedBtn = msgBox.clickedButton()
if clickedBtn == yesButton:
    print("yay!")
else:
    print("boooo!")

↑ダイアログ目次

QColorDialog

色を選択させたい時に有効なダイアログです。OSに用意されているデフォルトのカラーピッカーが表示されます。

QColorDialog

colorDialog = QColorDialog()
response = colorDialog.exec_()
if response == QDialog.Accepted:
    # OKが押された時は処理を続ける
    chosen = colorDialog.currentColor()

↑ダイアログ目次

QProgressDialog

重い処理などをツールで実行する際に有効なダイアログです。どの程度、処理が終了しているかを表示することができます。
私がよく行う実装方法としては、重い処理を別スレッドで実行して、各処理が終わるたびにシグナルをメインスレッドに送信し、プログレスを進めるという流れでプログラムを書きます。
デフォルトではsetValue関数に値を入れるとダイアログが表示され、Max値に到達するとクローズされます。

QProgress Dialog

max = 100
progressDialog = QProgressDialog("Progress...", "Cancel", 0, max, self)
progressDialog.setWindowTitle("Progress Dialog")

for count in range(max+1):
    qApp.processEvents()
    if progressDialog.wasCanceled():
        break
    progressDialog.setValue(count)
    progressDialog.setLabelText("Progress... %d %%" % count)
    time.sleep(0.1)

↑ダイアログ目次

QFileDialog

ファイル読み込みや保存の時に有効なダイアログです。デフォルトで開くフォルダのパスや、表示するファイルのフォーマットを指定することができます。
このダイアログも簡単にパスやフィルターを設定して、実行できる関数が用意されています。行いたい用途に合わせて使い分けます。

  • QFileDialog.getExistingDirectory : フォルダを選択させたい場合に使用します。
  • QFileDialog.getOpenFileName : ファイルを選択させたい場合に使用します。
  • QFileDialog.getOpenFileNames : 複数ファイルを選択させたい場合に使用します。
  • QFileDialog.getSaveFileName : ファイルを保存する際に使用します。

QFileDialog

response = QFileDialog.getOpenFileName(None, "File Select", options = QFileDialog.DontUseNativeDialog)

QErrorMessage

これは単純なエラーメッセージを表示するためのダイアログです。同じ内容のメッセージの場合、再度表示しないといった機能がデフォルトでついています。
ただし、同じインスタンスでないといけないので、メインウィンドウなどでこのダイアログ作成し、保持しておき、エラー表示の際はshowMessage関数だけを呼ぶという仕組みにしておく必要があります。

QErrorMessage

errorMsgDialog = QErrorMessage()
def showError():
    print("error")
    errorMsgDialog.showMessage("Error")

showError()
showError()
showError()

↑ダイアログ目次

QInputDialog

ユーザーからの簡単な値の入力を受付たい場合に有効なダイアログです。例えば、文字列を入力させたい場合は、getTextというスタティック関数を実行すればテキスト入力のウィジェットを持ったダイアログとして表示されます。その他に、double値の入力、int値の入力、アイテム(複数文字列)選択型があります。

QInputDialog text

QInputDialog テキストインプット

QInputDialog combo

QInputDialog コンボボックス



# テキスト入力ができるダイアログ表示
response = QInputDialog.getText(self,
                                "Input Text",
                                "Input text here.")

# コンボボックスで選択させるダイアログ表示
response = QInputDialog.getItem(self,
                                "Select Item",
                                "Select item from the combo box.",
                                ["item1", "item2", "item3", "item4"],
                                editable=False)

↑ダイアログ目次

QDialog

今まで紹介したダイアログたちのベースとなるクラスで、これをカスタマイズすることで独自のダイアログも作成できます。
試しにこんな感じのダイアログを作ってみました。サンプルコードは以下です。

QDialog

class MyDialog(QDialog):

    def __init__(self, parent = None, f = 0):
        super(MyDialog, self).__init__(parent, f)
        #-----------------------------------------------------------------------
        # Layout
        #-----------------------------------------------------------------------
        mainLayout = QVBoxLayout()
        self.setLayout(mainLayout)
        #-----------------------------------------------------------------------
        # Image
        #-----------------------------------------------------------------------
        imageWidget = QLabel()
        imageWidget.setPixmap(QPixmap(LOGO_IMAGE))
        mainLayout.addWidget(imageWidget)
        #-----------------------------------------------------------------------
        # Description
        #-----------------------------------------------------------------------
        description = QLabel("This is coustom dialog.")
        mainLayout.addWidget(description)
        #-----------------------------------------------------------------------
        # Text input
        #-----------------------------------------------------------------------
        self._inputWidget = QLineEdit()
        mainLayout.addWidget(self._inputWidget)
        #-----------------------------------------------------------------------
        # Buttons
        #-----------------------------------------------------------------------
        buttonArea = QHBoxLayout()
        mainLayout.addLayout(buttonArea)
        buttonArea.addStretch()
        okBtn = QPushButton("OK")
        buttonArea.addWidget(okBtn)
        okBtn.clicked.connect(self.accept)
        cancelBtn = QPushButton("Cancel")
        buttonArea.addWidget(cancelBtn)
        cancelBtn.clicked.connect(self.reject)


    def getInputText(self):
        return self._inputWidget.text()

dialog = MyDialog()
response = dialog.exec_()
if response == QDialog.Accepted:
    print(dialog.getInputText())

↑ダイアログ目次

今回のスクリプト

ダウンロード

今回のサンプルツールはQtDesignerを使わず全てスクラッチからウィジェットを配置しました。
なので、ダウンロードしていただいたスクリプトをMayaのScriptEditorに貼り付けるだけで実行できます。
ただ、画像のパスだけ、ダウンロードした後のパスを記入しておいてください。21行目のLOGO_IMAGE変数です。

LOGO_IMAGE = r"C:\path\to\image\logo.png"

いろいろパラメータを変えたりすると、UIが変化していくので、楽しいですよ。

おわりに

ふ~疲れた。あ、すいません。つい本音が。。。

いやぁ、長々とここまでお付き合い頂きましてありがとうございました。
今回はたくさんの方にPySideを身近に感じていただきたいと思いまして、PySide2を使ってみたという名目で、できるだけ多くのウィジェットを紹介させていただきました。
それぞれのウィジェットの特徴を知り、作成したい機能に適したものを使うことでユーザビリティーがぐーんと上がります。
しかぁし!この他にもまだまだ紹介しきれなかったウィジェットがたくさんあります!あとは是非みなさんで、調べて、使って、試してみてください。

今後も「このウィジェットをもっと解説して欲しい」などご要望がございましたら、取り上げていきたいと思います。

では、また次回。


※免責事項※
本記事内で公開している全ての手法・コードの有用性、安全性について、当方は一切の保証を与えるものではありません。
これらのコードを使用したことによって引き起こる直接的、間接的な損害に対し、当方は一切責任を負うものではありません。
自己責任でご使用ください。

Pocket

コメント

コメントはありません

コメントフォーム

コメントは承認制ですので、即時に反映されません。ご了承ください。

*