株式会社デジタル・フロンティア-Digital Frontier

Header

Main

  • TOP
  • DF TALK
  • ≪セットアップ室≫安定した旗のClothSimulationを試みる。(前編)

≪セットアップ室≫安定した旗のClothSimulationを試みる。(前編)

2015/3/12

Tag: ,

こんにちは、セットアップ室の森田です。
今回私が担当させていただくDF_TALKでは前編後編と分けて、安定した旗のClothSimulation方法を試みようと思っております。(Mayaのバージョンは2014を使用しています。)
前編では旗を揺らすまでのアトリビュート調整、後編では旗の揺れを安定させる方法の予定でおります。

という事で、今回はこんな旗を用意しました。(簡素なモデルです!)

では、この旗をnCloth化し、画像の旗の根元にあたる部分(vtが選択されてる部分)をInputAtractをvalue1の値で止めます。(根元が動くようでしたら1以上の値を入れてみてください)

nCloth化からInputAtractまでの過程は、
≪セットアップ室≫nClothを使ったクロスシミュレーションセットアップ(初心者向け) をご参照ください。
nucleus, nClothの説明はMayaHelpをご参照ください。

では早速nCLothShapeのアトリビュートを調整していきたいのですが、このままだと無風で調整しづらいので風を吹かせながら調整していきます。
nucleusノードに風を司るアトリビュートがありますので、これらを調整し風を吹かせます。

・WindSpeed ・・・ 風力、値上げると風が強く吹く
・WindDirection(X, Y, Z) ・・・ World方向での風の向き、+X軸方向に風を吹かせたい場合は+値を、-X軸方向は-値をいれます。
WindDirectionの編集方を≪セットアップ室≫Maya Utilityノードのセットアップでの使い方 第1回で記載しております、よろしければご参照ください。

このアトリビュートで風の強さと方向を決めます。今回の旗は+X方向が下手になるので、WindSpeed値を上げ、WindDirecionX 1にして上手から下手に流れる風を吹かせます。
この段階でWindSpeed値を高くし強く風を吹かせてしまうと、旗がダイナミックにはためいてしまい安定させるまでの調整が大変なので、そこそこの風力で調整を行っていきます。
って事で今回は、こんな感じになりました。

あまりなびいてませんが、この程度の風があれば調整できると思います、やってみましょう。
nClothノードのdrag値を上げてみましょう。

デフォルト値は0.05ですが、0.5位上げBlastしてみました。

旗もいい感じに持ち上がってきて揺れだしました。
あとはnucleus,nClothのアトリビュートをちくちく弄って揺れっぷり調整していきます。

今回主に調整するアトリビュートをご紹介します。

■nucleusShape
・gravityDirection(Y) ・・・ World方向での重力の向きを示しますが、値を下げて重力を抑えたりします。
・spaceScale ・・・ Gravityを下げたことにより、旗の揺らめきが水中にいるが如くゆったりとした動きになってきたので、空間スケールを下げてゆれっぷりを調整しました。

■nClothShape
・Stretch Resistance, Compression Resistance, Bend Resistance, Bend Angle Dropoff ・・・これらのアトリビュートでは、主に旗の質感付けの調整をおこないます。旗の固さ、柔らかさ、皺の出かた等の調整はこれらでおこないました。

・Lift, Drag ・・・ 旗が風を受ける影響力の調整を行います。値をあげると風の影響力が強まり激しくはためいてきます。

アトリビュートを調整する際、Simulationしながら調整していくと作業が捗ります。
nDynamics > nSolver > Interctive Playback
こちらで再生していただくとアトリビュート調整しやすいかと思います。

そして今回、私が調整した結果の動画とアトリビュートがこちらです。
参考になるか分かりませんが、よろしければどうぞっ!

nucleus

nCloth

安定した旗のClothSimulationを試みる(前編)のアトリビュート調整は以上になります。
次回後編では、旗の揺れを制御し安定したClothSimulationが出来るよう試みようと思います。


※免責事項※
本記事内で公開している全ての手法・コードの有用性、安全性について、当方は一切の保証を与えるものではありません。
これらのコードを使用したことによって引き起こる直接的、間接的な損害に対し、当方は一切責任を負うものではありません。
自己責任でご使用ください。


DFセットアップ室では、リギングアーティストを大募集中です。
一緒に魅力的な作品を作っていきましょう!
詳しくは、下記の募集要項をご覧ください。

https://www.dfx.co.jp/careers/designer/rigging-artist.html

Pocket

コメント

コメントはありません

コメントフォーム

コメントは承認制ですので、即時に反映されません。ご了承ください。

*